清水寺

千葉県 香取市 天台宗 弘冨山 福聚海院 清水寺

お問い合わせ

 

HOME»  由来・歴史

由来・歴史

清水寺の由来について

清水子育観世音の由来は遠く、平安時代にまでさかのぼります。平安時代の初期大同二年(807年)7月18日に、弘法大師が香取神宮参拝の折り当地を訪れ、竹林の女竹男竹の竹杖枝で御本尊の子育観世音の小像を彫り、小児の病を加持して後草舎を結んで納められました。周りを竹に囲まれていたことから竹林寺と名付けられました。その後、天長四年(827年)に火災にかかり、ご本尊は行方不明となって「その御姿は何処へ行ってしまったのか」と案ぜられました。

仁寿元年(851年)5月18日、慈覚大師が関東に顕密両経を広めるために香取に詣でた折り、夢想に感じて当地の竹林を訪れました。すると突然、境内の竹薮の上に五色の雲がたなびいて光を放ち出しました。慈覚大師が一心にお経を唱えると、竹薮の井戸の中から一人の乙女が姿を現しました。その乙女が筍(たけのこ)に向かって礼拝供養すると、その筍が自然と開いて、その中から観音様が現れたのです。そして大師に向かって告げました。

「私は二十余年の年月を、この筍を宿として雨露をしのいでまいりました。今、ここに来て一心に礼拝供養する乙女は、竜宮竜王の娘です。お産にかかり難儀して、この山中に薬草を求めにきたときに、薬草を授けてあげました。そのおかげで出産は安産となり、その恩義を忘れずにに毎日ここへきて供養しているのです。法師に頼みがあります。私のために一つの堂宇を建立してください。そうすれば、汝の願い事である顕密両経を共に守護いたし、一切衆生のためにすべての願いを叶えてあげましょう。そして、童男童女が病気もせずに成長するように祈ってあげましょう。」

このお告げを聞いた大師は、すぐさま香木を選んで十一面観音の尊像を刻み、筍の中から現れた尊像を御腹籠として、その胎中に納めました。そして、お堂を建てて安置したと伝えられます。当地から清水がわき出るので、清水寺(せいすいじ)と称しました。

 

清水寺の由来について

 

清水寺の奉賛記録

清水寺の奉賛記録
仁治元年
(1240年)
(1240年) 7 月、洛東東福寺の円爾の弟子円教が、九尺四面の本堂を建立しました。
後、再び火災にかかりました。
永徳 2 年
(1382年)
9 月、再興の第一代の円全法印が住み、二間四面の本堂を建立しました。
応永 18 年
(1411年)
6 月、居宅を建立しました。
天正 15 年
(1587年)
11 月、本堂居宅を建立しました。
寛永 5 年
(1628年)
10 月、観音宮殿を建立しました。
寛文 9 年
(1669年)
3 月、客殿並び阿弥陀如来の建立開始。
延宝 5 年
(1677年)
12 月、客殿並び阿弥陀如来の建立成就。
元禄 3 年
( 1690 年)
7 月 4 日より千日開闢開始
元禄 4 年
( 1691 年)
3 月、客殿造作開始
元禄 5 年
( 1692 年)
8 月 12 日に千日開闢結願
元禄 7 年
( 1694 年)
客殿造作成就
1695 年~ 1706 年 両大師建立
宝永 4 年
( 1707 年)
7 月釣鐘鋳立  11 月鐘楼堂建立
正徳 5 年
( 1715 年)
11 月 1 日客殿葺替開始、同月 14 日終了
享保 4 年
( 1719 年)
地蔵菩薩一躬建立
享保 9 年
( 1724 年)
10 月、宮殿修覆開始
享保 10 年
( 1725 年)
3 月、宮殿修覆終了、同年 5 月大般若経を京都から買い求めました。
享保 11 年
( 1726 年)
3 月、観音堂建立開始
享保 12 年
( 1727 年)
6 月、観音堂建立成就
明治 5 年当時の境内 明治 5 年当時の境内
昭和 13 年
( 1938 年)
本堂の屋根替
昭和 17 年
( 1942 年)
20 年にわたる観音堂改築
昭和 32 年
( 1957 年)
10 年計画で本堂大改修
昭和 34 年
( 1959 年)
庫裡建替
昭和 49 年
( 1974 年)
観音堂大改修
昭和 50 年
( 1975 年)
御本尊御開帳 33 年の式年、同年 3 月 16 日落慶式

 

お問い合わせ

 

お問い合わせ